【the RIDGE(ザ リッジ)】iPhoneよりも小型でスマートなウォレット

近年、大流行中のコンパクトウォレット。各ファッションブランドから豊富なアイテムがリリースされています。二つ折りの財布をはじめ、三つ折りの財布など財布のサイズ感は、時代と共にコンパクトになっています。

「電子マネー」や「クレジットカード」といったキャッシュレス化が進んでいく中、現金を使う機会も少なくなってきているのではないでしょうか。

今回の記事では、コンパクトウォレットよりも小型で無駄のないシンプルなデザインでこれから先、流行ること間違いなしのウォレットブランド「the RIDGE(ザ リッジ)」を紹介します。

the RIDGE(ザ リッジ)は、アメリカ発のウォレットブランドです。クレジットカードサイズの大きさのコンパクトでポケットにも無理なく収納することのできるマネークリップを様々な素材でリリースしています。

the RIDGE(ザ リッジ)のマネークリップには、クレジットカードを最大で15枚ほど収納することが可能で、別売りのコイントレイを組み合わせることも可能です。

使い方も非常にシンプルで、本体左下の窪みを押すとクレジットカードやコイントレイが全て出て、その中から使用するカードを選んで取り出します。使い始めは、スムーズに取り出すことは、難しく感じられる方が多いかと思いますが、慣れてくるとスムーズに取り出して使用することができます。

the RIDGE(ザ リッジ)には、「アルミニウムウォレット」「チタニウムウォレット」「カーボンファイバーウォレット」「ポリカーボネートウォレット」の4種類の素材から選択することができます。

価格帯もファッションブランドのコンパクトウォレットと比較するとリーズナブルな価格設定で最も高額な「カーボンウォレット」で25,000円ほどです。

オンラインサイト(Amazon、楽天市場)を通して、購入することができるほか、伊勢丹をはじめとした百貨店やバーニーズニューヨークで購入することができます。

公式サイトに詳細な使い方など、映像での説明が掲載されていますので、気になる方は是非、チェックしてみては如何でしょうか。