【MONCLER(モンクレール)】 一生モノのダウンジャケットを選ぶならどのモデル?

アウターブランドの代名詞”MONCLER”(モンクレール)。フランス発の”高級アウターブランド”として、”ダウンジャケット”をはじめ、さまざまなアイテムをリリースしています。”ダウンジャケット”と一概に言いましても、MONCLER(モンクレール)には何種類ものモデルがリリースされています。それぞれのモデルによって”シルエット”が異なり印象も大きく変わります。

“スタイリッシュ”な洗練された”シルエット”のMONCLER(モンクレール)ですが、自身に合った”サイズ”を選択しないと、”野暮ったい印象”を与えてしまいます。基本的にダウンジャケットは、”冬場”のかなり寒い時期が主役なため、あらかじめインナーとしてパーカーやトレーナーなどの厚手の服を着込むことを想定したサイズ選びをする必要があります。MONCLER(モンクレール)のサイズは、ダウンジャケットの場合「1」「2」「3」「4」と数字でのサイズ表記です。

私は、身長約170cmの普通体型でサイズ「2」を着用しています。パーカーなどの厚手の服をインナーに着込んだ場合でも若干のゆとりがございます。また、モデルによってサイズ感に違いが生じるため、あくまでも参考程度にお考え下さい。

MONCLER(モンクレール)を購入したい方は、店頭で実際に直接試着するのを強くおすすめします。また、MONCLER(モンクレール)のダウンジャケットの定番モデルや人気モデルは、シーズンごとに再販されますが大人気アイテムのため、人気サイズや人気カラーはすぐに売り切れてしまいます。ですので、購入を検討されている方は急いだ方がいいかもしれません。

メルカリやヤフオクなどの個人取引では、偽物も数多く出回っていますのでなるべくは正規店や信頼のおけるオンラインショップでの購入をおすすめします。どうしても、安価で正規品を購入したい方は、以下の記事をご確認ください。 ここまでMONCLER(モンクレール)について紹介しました。ここからは、数多くのダウンジャケットをリリースしている中でも、大人気のモデルを紹介します。

MAYA – マヤ

MONCLER(モンクレール)定番中の定番アイテムです。このデザインを街中で見かけたことのある人は多いかと思います。光沢のある生地が表面に使われており、無駄のないシンプルなデザインのため、カジュアルからビジネスシーンまで幅広くご活用いただけます。MONCLER(モンクレール)といえばこれ!と言われるほどの人気のある商品で、MONCLER(モンクレール)からリリースされているダウンジャケットの中では、比較的安価なモデルです。そのため、どうしても人と被ってしまうケースが多く見受けられますので、人と被りたくない方は写真右のオレンジのモデルをおすすめします。理由は、デニムカラーとの相性が比較的良く、トーンダウンしてしまう冬のコーデの大きなアクセントになりうるからです。ダウンジャケットを色物にして、インナーやスニーカーなどでトーンダウンさせるとバランスのとれた一際、センスが溢れるコーデにすることができます。サイズ感は、MONCLER(モンクレール)のダウンの中でも、比較的大きめにつくられておりますので、「1」Mサイズ、「2」Lサイズのようなサイズ感です。

MONTGENEVRE – モンジュネーブル

MONCLER(モンクレール)定番のアイテムです。先程紹介した”MAYA”(マヤ)と比較すると、光沢がなく落ち着きのある大人っぽい印象が感じられます。MONCLER(モンクレール)のダウンジャケットの中でも高額の部類に入るモデルです。毎シーズンリリースされるモデルですが、“MAYA”(マヤ)と比較すると他人とは被りにくいモデルです。質感的にも手触りの良い”ウール”がダウンジャケットの表面に使われており、高級感を感じられます。カラーバリエーションは、シンプルなブラックやネイビー、グレーの展開で、私のおすすめはグレーです。グレーのダウンジャケットをお探しの方は、重々承知されていると思いますが、グレーのカラーのダウンジャケットは、各メーカーからリリースがあまりされていなく、かなり貴重なモデルです。デニムカラーやブラックデニムなどに比較的相性がよく幅広いコーデの主役を演じてくれること間違いなしのアイテムです。サイズ感は、少し小さめで「1」がSサイズ、「2」がMサイズのようなサイズ感です。このモデルに関しましては、オンラインショップのサイズ表記(実寸サイズ)はあまり当てにならないように感じますので、できればMONCLER(モンクレール)店頭まで直接足を運んでいただいて、実物を試着されることをおすすめします。

フード付きカーディガン

MONCLER(モンクレール)定番のアイテムで、毎シーズンリリースされています。袖と背面は”ニット生地”で正面のみ”ダウン”が使用されたハイブリッドモデルです。ダウンジャケットと比べると、防寒で劣るもののデザインが非常にスタイリッシュです。また、頻繁に脱ぎ着する必要がないため、車移動がメインの方に非常におすすめのアイテムです。実際に私もお気に入りのアイテムで愛用しています。このモデルは上記で紹介したモデルとは異なり、フードの取り外しができないデザインになっており、写真ではあまり大きくは感じませんが、実物はかなりボリューミーなフードが備わっています。フード無しのモデルもリリースされておりますので、フードに抵抗のある方は、そちらをお勧めします。サイズ感は上記で紹介した数字ではなく「S」「M」「L」といったサイズ展開で、気持ち大きめのつくりになっています。

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、アウター界の代名詞”MONCLER”(モンクレール)について紹介しました。

MONCLER(モンクレール)はシンプルで飽きの来ない、全年代で着用できるブランドですので、長期間着用することができます。

実際私もMONCLER(モンクレール)のシンプルで上品なデザインが大好きで、普段から”ダウンジャケット”や”ポロシャツ”など様々なアイテムを愛用しておりますが、デザインがシンプルなため様々なコーデに取り入れることができ、飽きることがありません。

”MONCLER”(モンクレール)のダウンジャケットには上質なフェザーが贅沢に使われているため、それなりに高額なアイテムですが、それに見合う価値は十分にあると思います。ご購入を検討されている方は、売り切れてしまう前に店頭に足を運んでみて下さい。

 

 

MONCLER(モンクレール)定番のアイテムで、毎シーズンリリースされています。袖と背面は”ニット生地”で正面のみ”ダウン”が使用されたハイブリッドモデルです。ダウンジャケットと比べると、防寒で劣るもののデザインが非常にスタイリッシュです。また、頻繁に脱ぎ着する必要がないため、車移動がメインの方に非常におすすめのアイテムです。実際に私もお気に入りのアイテムで愛用しています。このモデルは上記で紹介したモデルとは異なり、フードの取り外しができないデザインになっており、写真ではあまり大きくは感じませんが、実物はかなりボリューミーなフードが備わっています。フード無しのモデルもリリースされておりますので、フードに抵抗のある方は、そちらをお勧めします。サイズ感は上記で紹介した数字ではなく「S」「M」「L」といったサイズ展開で、気持ち大きめのつくりになっています。

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、アウター界の代名詞”MONCLER”(モンクレール)について紹介しました。

MONCLER(モンクレール)はシンプルで飽きの来ない、全年代で着用できるブランドですので、長期間着用することができます。

実際私もMONCLER(モンクレール)のシンプルで上品なデザインが大好きで、普段から”ダウンジャケット”や”ポロシャツ”など様々なアイテムを愛用しておりますが、デザインがシンプルなため様々なコーデに取り入れることができ、飽きることがありません。

”MONCLER”(モンクレール)のダウンジャケットには上質なフェザーが贅沢に使われているため、それなりに高額なアイテムですが、それに見合う価値は十分にあると思います。ご購入を検討されている方は、売り切れてしまう前に店頭に足を運んでみて下さい。