【大人におすすめな上質なニット】インナーに迷ったときはこれを選べば間違いなし

冬場に活躍するアウター。室内での食事の場などはアウターを脱ぐ場面も多いものの、「アウターを着るからインナーを気にしてない」という方も少なくはないかと思います。そんな迷える冬のインナーについて、今回の記事でおすすめのアイテムをブランド別に紹介していきます。

まず、アウターの下にインナーとして着用する候補を挙げると「トレーナー」や「ロンT」そして、「ニット」が挙げられると思います。それぞれどのアイテムを選択しても間違いではないですが、その中から「ニット」をおすすめします。

「ニット」は着用しているだけで大人っぽさと上品さをコーデにプラスすることのできるアイテムで、食事の場などのアウターを脱ぐ機会でも活躍します。

以下より、おすすめのアイテムをそれぞれ紹介していきます。

CRUCIANI(クルチアーニ)

上質なウールで丁寧に編まれた、クルーネックタイプのニットです。シンプルで落ち着いたデザインですので、様々なコーデで活躍します。冬場のアウターのインナーとして、また一枚で着用しても大人っぽさが際立つブランドです。全国のセレクトショップでの販売のほか、楽天などのオンラインショッピングでも販売されています。

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)

「ニット」ブランドの代名詞と言っても過言ではないほど、有名なブランドです。上質なウールで作成されているため、非常に手触りが良く、バリエーションも豊富に展開がされているため、個性をプラスすることもできます。その中からおすすめするのは、クルーネックタイプのニットです。Vネックに比べ上品さを演出することができ、季節によっては、一枚で着用しても様になります。全国のセレクトショップで販売されている他、公式サイトでも販売がされています。

GRAN SASSO(グランサッソ)

上記で紹介したブランドほど知名度はないものの、非常にクオリティの高いニットを展開しているイタリアのブランドです。一見ウールに見えるようなデザインのニットをカシミア100%で作成しており、軽い着心地と上品な手触りのアイテムが非常に魅力のブランドです。上記でおすすめした通りにクルーネックタイプのニットをこちらのブランドでもおすすめします。着回しがし易い点や上品さを演出できる点は勿論のこと、一枚でも様になるコーデを作ることができるためです。現在、日本では公式サイトが存在しておりませんので、情報量は少ないブランドですが全国のセレクトショップや楽天をはじめとしたオンラインショッピングで購入が可能です。

今回の記事では、アウターのインナーにピッタリなニットについて、3種類紹介しました。これらの他にもニットブランドは数多く存在しますが、実際に筆者が手で触れて良かったと感じたアイテムをおすすめとして厳選しました。

紹介したブランドは、セレクトショップでの販売のほかオンラインショッピングでの購入が入手経路のメインとなってきます。「Tシャツ」などと異なり、収縮性があるアイテムですので、オンラインショッピングなど試着しないまま購入する際は、タイト目なサイズをおすすめします。

この記事が皆様の参考になれれば嬉しいです。