【GOYARD(ゴヤール)】おすすめのアイテム3選

全体にデザインされた総柄が特徴的なブランド「GOYARD(ゴヤール)」。財布やコインケースなどの小物をはじめ、バッグなどのレザーアイテムを幅広く展開しております。GOYARD(ゴヤール)の展開するアイテムには、表面にPVC加工が施されており、デザイン性と実用性の両面を兼ね備えております。GOYARD(ゴヤール)は時期によってアイテムの価格が異なり、公式サイトを通してオンラインで購入することもできません。また、国内に存在するブティックの数も少なく、住んでいる地域によっては現物を見ることすら難しいです。

今回は実際にGOYARD(ゴヤール)のアイテムを使用してみての感想や使い勝手などを紹介していきます。

マティニョン GM

まず最初にご紹介するのは、GOYARD(ゴヤール)のロングウォレット「マティニョン GM」です。使いやすいラウンドジップ仕様のウォレットで、中身にイエローのレザーが使用されています。

コインケース内もイエローのレザーが使用されていますが、2年半近く毎日使用していてもコインケースにありがちな黒ずみなどの汚れはつきませんでした。

今までに何回も財布を変えてきましたが、1番気に入っています。

サンルイ PM

次に紹介するのは、GOYARD(ゴヤール)のトートバッグ、「サンルイ PM」です。キャンバス生地にPVC加工が施されているため、水に強く雨の日でもガンガン使用できます。

GOYARD(ゴヤール)のサンルイを購入検討される方の中には、GMサイズとPMサイズで迷われる方が多いと思います。私は以前GOYARD(ゴヤール)サンルイのGMサイズを使用していましたが、大きすぎてPMサイズへと変更しました。

GOYARD(ゴヤール)のサンルイは中敷きが付属していないため、GMサイズを使用中に物を多く入れると、バッグ中心が沈んでしまいます。本来はこのような「カジュアルさ」が魅力的なアイテムではあると思いますが、どうしても気になってしまいPMサイズに物をあまり入れないように使用しています。

プリュメ

最後に紹介するのは、GOYARD(ゴヤール)のプリュメです。ショルダーバッグタイプでスマートフォンやカードケースなどを入れてちょっとしたお出かけをするのに最適なショルダーバッグです。

サイズがかなりコンパクトのため、上記で紹介したマティニョンGMなどの一般的な長財布を収納することができません。

ショルダーバッグ中央にジップタイプの収納スペースがありますので、使用する際はそちらに直接お金を入れていました。収納スペース内は白のキャンバス生地のため、コインを多く入れてしまうと汚れの原因になってしまうので、使用される際は注意が必要です。

今回、紹介したアイテムは現在も販売されていますので、気になる方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。